おすすめノートパソコンレビュー

ノートパソコンのレビューサイトです。最新のノートPCや、格安ノートからハイスペック機、国産から海外製まで、特にこだわりなくノートPCのレビューを掲載しています。

PR


パソコンパーツの知識

パソコンパーツの「CPU」とは?

投稿日:

フリー画像(パソコン)

CPUとは?

 CPU(Central Processing Unit)とは、中央処理装置のことです。
 よく人の頭脳に例えられます。

 たとえば、パソコンに何か作業をさせようとする。
 パソコンは計算を行います。
 CPUの性能が低いと、計算に時間がかかります。
 CPUの性能が高ければ、計算が速くなり、計算結果が素早く画面に表示されるわけです。
(パソコンは部品の集まりですから、CPUが速くても、他のパーツが足を引っ張る場合もあります)

CPUのメーカー

 CPUのメーカーで代表的なのはインテルです。
 次にAMD。
 ほかにもVIA Technologiesなどがありますが、代表的なのは前述のインテルとAMDの2社です。
 なかでもインテルがトップのシェアとなっています。
 とあるデータによると、インテルはおよそ7割のシェアでAMDは3割ほどです。

CPUの種類

 インテルのCPUは毎年のように新製品が出ます。
 大きく分けると、デスクトップ用とモバイル用に分かれます。
 細かく分けると際限がないのですが、モバイル用に限ると「ハイエンド」「ミドルレンジ」「ローエンド」に分かれます。
 また更に細かく分けると、省電力タイプ(省電力にもタイプがある)などがあります。

 型番の後ろについている文字で判別できるようになっています。

 S=省電力
 T=もっと省電力

 難しい部分はありますが、CPUの見方が理解できると、そのパソコンがどれぐらいの性能を持っているかが大体予測がつくので、パソコン選びが楽になります。

 代表的なCPUは以下の通りです。上のほうが性能は高いです。
Core i7 ハイエンド
Core i5 ミドルレンジ
Core i3 ミドルレンジ
Pentium ミドルレンジ
Celeron ローエンド
Atom ローエンド

 CPUは世代によって、大きく性能が異なります。
 Core i7だから高性能とも限りません。
 最新のCore i3-8100のパスマークのスコアはおよそ8000。
 初代Core i7-880のパスマークのスコアは5600ほどです。

 ややこしいですが、Atom系でもPentiumやCeleronの名前を持っているCPUもあります。

どんなCPUを選ぶべきか

 ノートパソコンを買う場合、なるべく高性能なCPUを搭載した機種を選びたいところですが、ネット閲覧やメール送受信、テキスト編集程度しか使わないのであれば、CPUの性能は低くて問題ありません。
 軽作業がメインなのに、Core i7を搭載したパソコンは宝の持ち腐れです。
 近場のお買い物に、スポーツカーに乗っていくようなものです。

 軽作業しかしないのであればCeleronか、もしくはPentium。
 予算に余裕があるならCore i3搭載機を選べば良いでしょう。

 Atom系は、最近は性能も上がりましたが、それでも可能ならば避けた方がいいと思います。
 ネットサーフィンしかしないのであればAtomでも問題ありませんが。

 関連エントリーは以下をご覧下さい。
ノートパソコンを購入する際の2つのポイント 

Sponsored Links

Sponsored Links

-パソコンパーツの知識

Copyright© おすすめノートパソコンレビュー , 2019 All Rights Reserved.