おすすめノートパソコンレビュー

ノートパソコンのレビューサイトです。最新のノートPCや、格安ノートからハイスペック機、国産から海外製まで、特にこだわりなくノートPCのレビューを掲載しています。

PR


東芝のノートPC

東芝「dynabook AZ55/C」のレビュー

投稿日:2018年2月28日 更新日:

東芝「dynabook AZ55/C」の概要

「dynabook AZ55/C」はCPUに第7世代のi7を搭載した、ハイエンドなノートパソコンです。
 RAMは8GB、ストレージはHDDなのは少し残念ですが、容量面ではまだHDDのほうが利点があります。
 スーパーマルチドライブ搭載で、重量は2.4㎏。
 モバイル用としては重いので、持ち運びに適しているとは言いがたいです。
 据え置き型のノートパソコンに分類されるでしょう。
 国産の、高性能なノートパソコンを探しているなら一考の価値があると思います。

起動中のdynabook AZ55 「dynabook AZ55/C」▲2017年2月2日発売。
※2018年2月時点の情報です。仕様の変更などに伴い、掲載情報と実機が一致しない場合があります。また同一モデルの場合でも、スペック等が異なる場合もあります。詳しくは公式サイトなどでご確認下さい。なおOffice関連については販売ページでご確認下さい。正確性は保証しておりません。

東芝「dynabook AZ55/C」のスペック

CPU Core i7-7500U(2コア4スレッド)
ディスプレイ 15.6インチ 解像度1920×1080
グラフィック IntelHD Graphics620
ストレージ HDD750GB
メインメモリ 8GB
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
インターフェース(端子など) USB3.0×2 USB2.0×2 LAN×1 HDMIなど
サイズ およそ、幅379.0× 奥行き257.9× 高さ16.9~23.9 mm|2.4㎏
バッテリー およそ7.5時間
OS Windows10 Home 64ビット
備考

 パスマークのCPUスコアは5200ほどです。

東芝「dynabook AZ55/C」の処理能力

「dynabook AZ55/C」はCPUにCore i7-7500U、RAMは8GB搭載。ハイエンド機といっても差し支えありません(欲を言えばストレージはSSDが良かったですがHDD)。
 一昔前のデスクトップ機を凌駕する性能といっても過言ではないでしょう。
 とはいっても、所詮はモバイル用CPUなので、省電力(性能も抑えめで)で、かつコア数も少なめです。
 最新のデスクトップ機に比べると性能面では劣ります。 

 ちなみにCore i7-7500Uのパスマークの数値は5200ほど。
 デスクトップ用のi7-7700は10700ほど。
 数値では、ざっくりと半分の性能となります。
 パソコンに複雑な作業を課すのならこの数字が実感できると思いますが、ネットやメール、文章作成程度の軽作業なら、体感できるかどうかは微妙なところです。

東芝「dynabook AZ55/C」の液晶

dynabook AZ55の液晶 ▲「dynabook AZ55/C」の液晶サイズは、15.6インチで解像度1920×1080。
 画面は大きいし、解像度も性能に見合っていると思います。
 明るくてくっきりした印象です。

東芝「dynabook AZ55/C」のキーボード

dynabook AZ55のキーボード ▲「dynabook AZ55/C」のキーボードは、ノートパソコンとしては標準だと思います。
 使い勝手が良い、とまではいきません。
 特にカーソルキーのところは、ミスタッチが多くなります。
 テンキー付き。

東芝「dynabook AZ55/C」の外観とサイズ

dynabook AZ55の天板 ▲「dynabook AZ55/C」の外観ですが、シンプルでかつスタイリッシュ。高級感があります。
 ヘアライン加工によりつや消しが施されているので、指紋の跡が付きにくくなっています。
 重量は2.4㎏。持ち運びもできますが、基本は据え置き型のノートパソコンになるでしょうか。
 この重量を鞄に入れて毎日持ち歩くことを考えると、少しうんざり……です。家の中での持ち運びはそれほど苦にはなりません。

東芝「dynabook AZ55/C」の不満なところ

「dynabook AZ55/C」の不満点ですが……性能面で、強いて言うなら、起動の遅さです。
 性能は高いのに、起動するまでの時間が長いのは、恐らくHDDの読み込みの速度が遅いせいでしょう。
 ストレージがSSDであれば、起動は速いと思いますが、その場合は容量が少なくなるし、価格もアップすることを考えると……どちらが良いかは使う人の考え方によるかもしれません。
 起動してしまえば特に気にはならないので、大きなマイナスポイントというほどではありません。
 大きなマイナスポイントと言えば、夏場の暑い時期は、ファンの音がうるさいです。
 負荷をかけたときも同様です。CPUの性能が高いとこういう弊害が発生します。

東芝「dynabook AZ55/C」の満足なところ

「dynabook AZ55/C」の満足点は、外観に高級感があるところ。
 性能が高いので、マルチタスクでも動作が重くならない点は気に入っています。
 あとは、国産なので、サポート面では期待できるかなと思います(サポートを使ったことはありませんが)。
 スーパーマルチドライブも搭載しており、たいていのことはこれ1台でできるので重宝しています。

Sponsored Links

Sponsored Links

-東芝のノートPC

Copyright© おすすめノートパソコンレビュー , 2019 All Rights Reserved.