おすすめノートパソコンレビュー

ノートパソコンのレビューサイトです。最新のノートPCや、格安ノートからハイスペック機、国産から海外製まで、特にこだわりなくノートPCのレビューを掲載しています。

PR


パソコンパーツの知識

eMMCとSSDはどれぐらい違うのか

投稿日:2018年1月6日 更新日:

eMMCはSSDの親戚?

 パソコンのストレージの種類で代表的なものはHDDとSSD、そしてeMMCです。
 eMMCはフラッシュメモリで、そこだけみるとSSDの親戚、SSDに近いストレージと思いがちですが、体感的な速度、使用感はHDDに近いです。
 eMMCも種類は様々ありますし、今後はSSD並に速いeMMCも出てくるかもしれません。

 eMMCの性能は、SSDに比べるとかなり低いです。
 衝撃や振動に強いのはSSDと一緒ですが、その他の性能はHDD寄りと考えて良いでしょう。

 SSDとeMMC、どれぐらいの異なるのか、ベンチマークの数値で確認してみます。
eMMC32GBの速度 ▲Inspiron11 3000 CeleronモデルのeMMCです。容量は32GB。
SSD128GBの速度 ▲こちらはInspiron11 3000 PentiumモデルのSSD。容量は128GBとなります。メーカーは東芝でした。

 数値の見方ですが、左側が読み込み速度、右側が書き込み速度になります。
 注目すべきは、左側の上の数字、読み込み速度です。ここの数値を見れば、読み込み速度の性能が分かるので、ここを基準に考える場合が多いようです。

 一般的に「速い」といわれるパソコンは、CPU性能も関係はしますが、それよりもストレージの読み込みの速さが関係するようです。
 最良なのはバランスがとれていることで、CPUの性能が高く、ストレージの性能も高い、RAMも余裕があるパソコンは、キビキビと動きます。
 どれかひとつ欠けると、そこが足を引っ張って、動作が遅くなる場合があります。
 パソコンでの作業は様々ですから、その作業がCPUパワーを使うのか、データ量が多いのか(RAM)、読み出すファイルが多ければストレージ、というようにケースによって変わるので、難しいところではあります。

 ちなみに、HDDの読み込み速度は、100~200(MB/s)ぐらいです。
 上記テストしたeMMCの読み込み速度は146(MB/s)なので、ほぼHDDと同じといえそうです。

 結論としては、eMMCの性能は現状、SDDよりもHDDに近い。

 SSDやeMMCは衝撃に強いので、持ち運びを頻繁に行うノートパソコンに適しています。ただ、容量当たりの単価が高価です。
 容量の点はHDDに軍配があがるでしょう。

Sponsored Links

Sponsored Links

-パソコンパーツの知識

Copyright© おすすめノートパソコンレビュー , 2019 All Rights Reserved.